産経WEST

滋賀県内の資源回収ステーション「ECOひろば」100拠点に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀県内の資源回収ステーション「ECOひろば」100拠点に

古紙やアルミ缶を改修するリサイクル回収拠点「ECOひろば」=長浜市(ティーエムエルデ提供) 古紙やアルミ缶を改修するリサイクル回収拠点「ECOひろば」=長浜市(ティーエムエルデ提供)

 スーパーの店頭などで「ECOひろば」と称したペットボトルやアルミ缶の資源回収ステーションを運営するティーエムエルデ(滋賀県長浜市)は12日、設置場所が18日で100拠点に到達すると発表した。滋賀、福井、三重などが中心で、今後5年間で京都、大阪、愛知などでも拡大し、200拠点への倍増を目指す。

 同社は、ペットボトル、アルミ缶、古紙の回収機をスーパーや大型商業施設の駐車場などに設置。買い物客がリサイクル品を持ち込むと、その店舗で使えるポイントを発行するシステムを考案し、各地で展開している。

 第1号は、福井県内で平成23年に設置。100拠点目は、愛知県内のスーパーとなる。同社は「今後もポイントカードで利用頻度を高めたい」としている。

「産経WEST」のランキング