産経WEST

難病に理解深めて 和歌山でボランティア講座

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


難病に理解深めて 和歌山でボランティア講座

車椅子で段差の上り下りを体験する参加者=和歌山市 車椅子で段差の上り下りを体験する参加者=和歌山市

 難病についての知識やボランティア活動への理解を深めてもらおうと、和歌山市毛見の県子ども・女性・障害者相談センターで13日、「難病ボランティア講座」が開かれた。市民ら約20人が講演に耳を傾けたほか、車椅子などを使った移動や介助を体験した。

 県難病・子ども保健相談支援センターが主催。海南市の海南医療センターの理学療法士、阪口和男さん(56)が講師を務め、「ボランティア活動に役立つ車椅子と杖(つえ)の知識&介助・実技体験」をテーマに講演した。阪口さんは、難病によって歩くことができなくなるケースなどを紹介し、「患者の目線に立って考えることが重要」と指摘。「自宅や社会の環境が少し変わるだけで、難病の患者が暮らしやすい世の中になる」と強調した。

 その後は参加者が車椅子や松葉づえを使い、段差の上り下りなどを体験。障害者支援のボランティアに取り組んでいるという和歌山市の薮中節子さん(68)は「松葉づえでは段差を上るのも一苦労。相手の目線に立つことの大切さを改めて感じました」と話していた。

「産経WEST」のランキング