産経WEST

サバ、IoTで安定養殖 福井・小浜市、KDDIなどと

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


サバ、IoTで安定養殖 福井・小浜市、KDDIなどと

水温や酸素濃度などを測り、自動送信する測定装置=小浜市役所 水温や酸素濃度などを測り、自動送信する測定装置=小浜市役所

 京都までサバを運んだ「鯖(さば)街道」の起点だった小浜市が力を入れているサバ養殖事業で、さまざまな機器をネットで結ぶ「モノのインターネット(IoT)」の技術が導入される。養殖いけすの水温や酸素濃度などを測定してデータ化。技術をマニュアル化し生産量の拡大につなげたいとしている。

 同市と県立大、通信大手の「KDDI」(東京)など産学官が連携した「『鯖、復活』養殖効率化プロジェクト」。「新鮮で刺し身でも食べられる」とPRしているサバの養殖は2年前から同市田烏の漁港沖で始まり、現在は9基のいけすを使用している。

 養殖いけすに1時間に1回測定可能な装置を設置し、水温と酸素濃度、塩分濃度をモバイル回線でサーバーに送信。担当漁師が餌の量や時間、場所などを情報端末に入力し、経験と勘に頼っていた養殖技術をデータ化。関係者で情報を共有し、技術伝承による人材育成にもつなげる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング