産経WEST

悪性脳腫瘍に免疫治療薬 大日本住友が4年後の実用化目指し臨床試験

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


悪性脳腫瘍に免疫治療薬 大日本住友が4年後の実用化目指し臨床試験

大日本住友製薬が開発するがんペプチドワクチン 大日本住友製薬が開発するがんペプチドワクチン

 大日本住友では、がん細胞を攻撃する「キラーT細胞」を誘導するペプチドに、免疫調節の指令役を果たす「ヘルパーT細胞」を誘導するペプチドを加えてより高い効果を見込む。

 膠芽腫は脳幹部にできる腫瘍で、進行が早く、手術が難しい。国内では2千人、米国で1万1千人の患者がいるとされる。

 また、同社では現在、このがんペプチドワクチンに関して、急性白血病を引き起こす「骨髄異形成症候群」や、治療の難しい「小児悪性神経膠腫」に対しても国内で臨床治験を進めており、将来的な売り上げについてピーク時で年500億円規模を期待している。

 越谷和雄常務執行役員は「幅広い年齢層の患者に貢献したい」と話している。

                  

 【用語解説】ペプチド

 2個以上のアミノ酸が結合してできた化合物の総称。ペプチドが集まって高次構造を作り、タンパク質になる。がんペプチドワクチンは、がんのタンパク質と同じアミノ酸の構造を持つペプチドを人工的に合成したもの。体内の免疫細胞を活性化させ、同様のペプチドを持つがん細胞を見つけて攻撃する。製薬業界では、天然アミノ酸と非天然の特殊アミノ酸を結合させて合成された特殊ペプチド医薬品の研究も、従来は治療薬の開発が難しかった疾患にも有効であるとして注目を集めている。

「産経WEST」のランキング