産経WEST

【近ごろ巷に流行るもの】合格祈願さまざま…受験生を応援する「合格祈願つり革」や「落ちない城」プロジェクトなどが人気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【近ごろ巷に流行るもの】
合格祈願さまざま…受験生を応援する「合格祈願つり革」や「落ちない城」プロジェクトなどが人気

受験シーズンに合わせ、近鉄車両に登場した「合格祈願つり革」=大阪市天王寺区 受験シーズンに合わせ、近鉄車両に登場した「合格祈願つり革」=大阪市天王寺区

 「受験生本人はもちろん、学習塾の先生が生徒のためにまとめ買いするケースもありますよ」と、南海電鉄営業課主任の野嶌(のじま)洋平さん(38)。昭和50年に発売が始まり、55年以降は毎年デザインを変えて販売している。今シーズンは学習ノートをイメージしたビニール素材の袋に「学文路駅入場券」と「すべらない砂」を入れた。この砂は電車が急勾配を上る際に、車輪がすべらないよう線路にまいていたもので、受験の“すべり止め”にかけた「験担ぎ」なのである。

■  ■

 「まずは多くの人に一度も落ちたことがない白旗(しらはた)城を知ってもらいたい。受験生に縁起の良いスポットになれば」。こう話すのは、「落ちない城」をキャッチフレーズに町の活性化を目指す兵庫県上郡(かみごおり)町産業振興課の山本亨紀(ゆきのり)さん(36)。落ちない城とは、南北朝時代の武将、赤松円心が築いたとされる国史跡・白旗城跡のこと。足利尊氏を追う新田義貞率いる6万の軍勢をわずか2千の兵で50日余り防ぎ止めたという難攻不落の名城である。

 町と県、地元住民の有志らがこうした歴史ストーリーを踏まえて受験生らを応援する「落ちない城・白旗城」プロジェクトを27年に立ち上げた。そして、町のマスコットキャラクターの「円心くん」をあしらった「合格祈願絵馬」と転がりにくい三角形の「落ちない鉛筆」を作製し、PRに乗り出した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 合格祈願さまざま…受験生を応援する「合格祈願つり革」や「落ちない城」プロジェクトなどが人気
  • 合格祈願さまざま…受験生を応援する「合格祈願つり革」や「落ちない城」プロジェクトなどが人気

「産経WEST」のランキング