産経WEST

【脳を知る】脂質異常症 血液検査ですぐ診断 治療は生活習慣の改善から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【脳を知る】
脂質異常症 血液検査ですぐ診断 治療は生活習慣の改善から

コレステロールや中性脂肪を減らすには、適度な運動とバランスのとれた食事を コレステロールや中性脂肪を減らすには、適度な運動とバランスのとれた食事を

 「脂質異常症」は以前、高脂血症と呼ばれた病気です。血液中の悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪の数値が高い場合を高脂血症と呼び、動脈硬化の危険因子とされていました。しかし、善玉(HDL)コレステロールの数値が低い場合も同様に動脈硬化の危険があるため、最近では脂質異常症と呼ぶようになりました。

 脂質異常症には特に症状はありませんが、血液中に脂質が多くなると、血管の壁に余分な脂がたまり、粥(じゅく)腫(しゅ)(お粥(かゆ)のような、どろどろした固まり)が作られます。そして徐々に血管の内腔が狭くなり、最終的には血管が詰まってしまうこともあれば、粥腫が一部剥がれて先の血管に飛び、血管を閉塞(へいそく)させてしまうこともあります。心臓の血管なら心筋梗塞に、脳の血管なら脳梗塞になります。このように脂質異常症を放置すると生命を脅かすような怖い病気になってしまいます。

 脂質異常症は、検診などの血液検査ですぐに診断できます。脂質異常症の治療は主に食事療法、運動療法、薬物治療で脂質(コレステロール、中性脂肪)を低下させることですが、治療目標値は個々で異なります。脳梗塞や心筋梗塞になってしまった人では、非常に厳しく目標値を設定しないといけません。糖尿病や高血圧、喫煙など他の動脈硬化のリスクがない人では低い目標値となります。

続きを読む

「産経WEST」のランキング