産経WEST

中日新聞の前社長で主筆「愛知県知事は性同一性障害」…その後、発言撤回

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中日新聞の前社長で主筆「愛知県知事は性同一性障害」…その後、発言撤回

(左から)小池百合子・東京都知事、大村秀章・愛知県知事、松井一郎・大阪府知事=9月30日午後、大阪市中央区のシティプラザ大阪(永田直也撮影) (左から)小池百合子・東京都知事、大村秀章・愛知県知事、松井一郎・大阪府知事=9月30日午後、大阪市中央区のシティプラザ大阪(永田直也撮影)

 中日新聞社の前社長で顧問・主筆の小出宣昭氏が13日、名古屋市内でのシンポジウムで、愛知県の三河地方出身の大村秀章知事について「(三河では)保守かリベラルか、性同一性障害くらいの知事が出ます」と述べた。小出氏はその後、発言を撤回した。

■尾張vs三河か…

 シンポジウムには民進党、立憲民主党、希望の党の幹部が出席。小出氏はコメンテーターとして参加し、三河には保守本流の強い政治風土があると説明する中で発言した。

 大村氏も会場に姿を見せたが、発言前に退席していた。小出氏は「言葉の選択として間違っていた。撤回し、おわびします」と話している。

▼【関連ニュース】保守で“労組王国”愛知県…ゼロ戦を展示に「戦争を美化」VS「史実を隠すな」で“苦肉”策

▼【関連ニュース】中日の“左派”東京新聞…女性記者が誤報「産経リーク記事」撤回 官房長官会見で

このニュースの写真

  • 中日新聞の前社長で主筆「愛知県知事は性同一性障害」…その後、発言撤回

「産経WEST」のランキング