産経WEST

【クレーンゲーム詐欺】運営会社社長ら2人再逮捕、総額6千万円被害か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【クレーンゲーム詐欺】
運営会社社長ら2人再逮捕、総額6千万円被害か

 景品が取れないように設定されたクレーンゲーム機をめぐる詐欺事件で、大阪府警保安課などは13日、詐欺容疑で、ゲームセンター運営会社「アミューズメントトラスト」(大阪市浪速区)社長、大平(おおだいら)剛史容疑者(33)=同市住吉区=ら2人を再逮捕し、新たに同社員、三宅大貴容疑者(24)=京都市右京区=を逮捕した。

 府警には12日までに、国内38都道府県や中国から約300件、総額約6千万円の被害の申し出があり、同課は今後も捜査を進める。

 大平容疑者ら2人の再逮捕容疑は、共謀して昨年12月7日、大阪市内の店舗でアームを操作して景品を獲得するゲーム機の設定を変更。景品が取れないようにした上で、千葉県の20代の女性客2人に「絶対に取れる。景品を全てあげる」と嘘を言い、約1万3千円をだまし取ったとしている。

 同課によると、大平容疑者は「自分は(従業員に)指示していない」と否認。他の社員らは容疑を認めているという。

「産経WEST」のランキング