産経WEST

【クルマ列伝】地味なセダンがターボで豹変 「ランサーEXターボ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【クルマ列伝】
地味なセダンがターボで豹変 「ランサーEXターボ」

ランサーEX1800GSRターボ ランサーEX1800GSRターボ

 1979年の第23回東京モーターショーは地味だった。石油ショック以降の厳しい排ガス規制の下、メーカーは省エネ開発に予算を奪われ、華やかなショーカーはわずか。そんな中、ひときわ注目を集めたのは三菱自動車が海外ラリー向け限定モデルとして出展した「ランサーEX2000ラリーターボ」だ。

 4ドアセダンの「ランサーEX」に派手なエアロパーツや巨大な補助ランプを備えたスタイルは迫力たっぷりで、4気筒2000ccのターボエンジンを搭載していた。

乗り心地は重い、堅い

 ターボは排ガスの流れを使って吸入空気を強制的に圧縮してエンジン燃焼室に送り込むことで劇的にパワーアップが図れる装置。排ガス対策でスポーツ車を失っていた自動車業界にとってターボは高性能エンジンとして期待された。日産が79年10月、「セドリック/グロリア」に国産乗用車で初めてターボを装着したのを皮切りに、各社がターボ車の開発に乗り出す。

 三菱もモーターショーでの好評を受けて81年11月、「ランサーEXターボ」を発売。2000ccエンジンは認可されなかったため1800ccとなったが、クラス最強の135馬力を誇り、「ランタボ」の愛称で一躍人気となった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング