産経WEST

【今週の注目記事】朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”

軽飛行機を着艦させるスペースを設けるため、空母甲板から海中投棄される南ベトナム軍のヘリHU-1(米海軍撮影) 軽飛行機を着艦させるスペースを設けるため、空母甲板から海中投棄される南ベトナム軍のヘリHU-1(米海軍撮影)

 さらに約4万4千人のベトナム人がジャンクやサンパンといった小舟に乗って米空母のいる海域へ向かい救助された。

 この過去を参考にして「韓国からの脱出」を想定すれば…。

 日米だけで26万人

 現在、韓国にいる邦人は仕事などでの長期滞在者が約3万8千人、観光などの短期滞在者が約1万9千人の計約5万7千人。また米国人は20万人以上で、オーストラリア人やカナダ人も多いとされる。

 日本政府は邦人退避について米国やオーストラリアなどを中心とした有志連合による枠組みでの対処を検討している。自衛隊機を活用するには韓国政府の同意が必要で、左派政権となった現在の韓国では同意を得られない恐れがあることなどが背景にある。しかし、この有志連合をもってしても、日米だけで26万人となる民間人の退避を実現できるかは未知数だ。

 フリークエント・ウインド作戦でヘリにより避難させられたのは“わずか”約7千人。対して26万人では、大型機による、戦争勃発前の避難開始は必須だ。自衛隊の大型ヘリCH-47は収容人数48人だが、民間旅客機B787-9なら195人(いずれも乗員除く)。民間機が飛べる状態のうちに、いかに多く避難を済ませておくかが鍵となる。そして戦火が起こった時点では、避難=韓国脱出はとてつもなく困難となることが予想できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”

関連ニュース

「産経WEST」のランキング