産経WEST

【今週の注目記事】朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”

軽飛行機を着艦させるスペースを設けるため、空母甲板から海中投棄される南ベトナム軍のヘリHU-1(米海軍撮影) 軽飛行機を着艦させるスペースを設けるため、空母甲板から海中投棄される南ベトナム軍のヘリHU-1(米海軍撮影)

 南ベトナム最後の拠点ともいえるタンソンニェット空港が29日午前4時ごろに北ベトナム兵の猛攻撃を受け、駐めていた大型機が炎上。これまで大型輸送機で在ベトナムの米国民間人を段階的に避難させていた“安全な状況”は崩れた。

 近辺を大型の航空機で飛行した場合、地対空ミサイルで撃ち落とされる危険性も高まった。米政府はこうした状況から29日午前、ヘリコプターによる海上艦船へのピストン輸送(フリークエント・ウインド作戦・オプション4)の実施を決定した。

 作戦が始まったのは29日午後だが、すでに同日早朝には南ベトナム政府側に立っていたベトナム人とその家族約1万人が米国大使館前に押し寄せ、一部は塀を乗り越えて大使館敷地内へなだれ込んでいた。脱出の合図「ホワイトクリスマス」の設定を秘密にしたのは無意味だった。こうした人々にとっては、未明のタンソンニェット空港で大型機の燃える赤い炎が「脱出ののろし」だった。

 積み残しと乱入

 以降の混乱ぶりは書ききれない。集合場所のひとつ、タンソンニェット空港へ向かう米国人の乗ったバスは空港正門で南ベトナム兵士に停められ、バスを通そうとする兵士と、阻止しようとする兵士の間で銃撃戦が発生するなど“味方同士”で戦闘が発生した。

 またサイゴン警察の署員らは、米国人の避難バスを警護しサイゴン市民を“制御”することと引き替えに、自分たちのベトナム脱出を約束されていた。取り残されると知り怒った南ベトナム軍兵士のなかには、脱出ヘリに向け銃を放つ者もいたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”
  • 朝鮮半島有事の時、在韓邦人脱出の方策は…サイゴン陥落に見る“計画外”

関連ニュース

「産経WEST」のランキング