産経WEST

沖縄・宜野湾の民家上空でオスプレイが物資つり下げ飛行訓練か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


沖縄・宜野湾の民家上空でオスプレイが物資つり下げ飛行訓練か

 沖縄県宜野座村の民家周辺の上空で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の輸送機オスプレイが物資をつり下げて飛行訓練していたことが12日、防衛省沖縄防衛局や住民への取材で分かった。民家周辺上空でのつり下げ訓練は平成28年12月に相次ぎ、県などが日本政府や米軍に抗議した経緯がある。

 民家上空でタイヤをつり下げていたと証言する同村城原地区の崎浜秀正区長(73)は「不時着が相次ぐ中、こういうことをやらかすのは県民無視もはなはだしい」と憤った。県内では米軍ヘリコプターが6日と8日にそれぞれ不時着するなどトラブルが相次ぎ、県民の反発が強まっている。

 防衛局によると11日午後3時45分ごろ、オスプレイが物資つり下げ訓練をしている様子を職員が現認した。周辺は米軍キャンプ・ハンセンと隣接しており、防衛局は民間地上空での訓練かどうかを米軍に照会している。

「産経WEST」のランキング