産経WEST

奈良・興福寺中金堂、10月に落慶 多川俊映貫首「今の世に天平の時代精神を」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良・興福寺中金堂、10月に落慶 多川俊映貫首「今の世に天平の時代精神を」

今年10月に落慶する中金堂。東大寺大仏殿に次ぐ木造建築となる=奈良市の興福寺 今年10月に落慶する中金堂。東大寺大仏殿に次ぐ木造建築となる=奈良市の興福寺

 興福寺(奈良市)の中枢である中金堂がほぼ完成し、今年10月に落慶する。奈良時代に創建されたが7回も焼失し、今回の再建は江戸時代の焼失後300年来の悲願だ。創建当初と同規模の幅約37メートル、奥行き約23メートル、高さ約21メートルで、東大寺大仏殿に次ぐ巨大な木造建築となる。古都の玄関口に当たる同寺の景観が大きく様変わりする中、多川俊映貫首=かんす=(70)に中金堂に寄せる思いを訊いた。(聞き手 岩口利一)

 --いよいよ中金堂が落慶を迎えますが、ご心境は

 「平成元年に貫首に就任した際、改めて境内を見渡すと明治以来の公園的形状で、森の中にお堂が点在しているまとまりのない状態だった。それで、参拝者に少しでも天平期の雰囲気を感じてもらえるよう境内づくりをしようと思ったのです」

 --それで中金堂の再建ですか

 「中核となる中金堂を再建し、それをきっかけに天平の文化空間の再構成を進めたいと考えた。四半世紀かかったが、いい状況で再建できてありがたい。少しは天平の寺らしくなるかと思います」

 --再建では木材の確保に苦労されたそうですね

 「もちろん国内産を使いたかったが、直径約80センチ、長さ約10メートルの巨大な柱に使えるような大木の確保は今では困難。直径約60センチ、長さ約5メートルのものも含めると柱は計66本にもなる。瀧川寺社建築(桜井市)に相談する中で、カメルーンのケヤキでやったらどうかという話になった。冒険だったが、木材が手に入ったので再建にこぎつけられた」

続きを読む

このニュースの写真

  • 奈良・興福寺中金堂、10月に落慶 多川俊映貫首「今の世に天平の時代精神を」
  • 奈良・興福寺中金堂、10月に落慶 多川俊映貫首「今の世に天平の時代精神を」

「産経WEST」のランキング