産経WEST

コシノジュンコ氏、パリで能とコラボのファッションショー 「市庁舎にお囃子響くのが楽しみ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


コシノジュンコ氏、パリで能とコラボのファッションショー 「市庁舎にお囃子響くのが楽しみ」

能とコラボしたファッションショーについて会見する(左から)門川大作市長、コシノジュンコ氏と能楽師の分林道治氏=京都市役所 能とコラボしたファッションショーについて会見する(左から)門川大作市長、コシノジュンコ氏と能楽師の分林道治氏=京都市役所

 京都市とパリ市が姉妹都市60周年を迎える今年6月、パリで行われる記念式典で世界的なデザイナーのコシノジュンコ氏が能とコラボしたファッションショーを行うことになった。記者会見したコシノ氏は「パリコレは長年やっているが、初めて行うような感覚で臨みます」と抱負を語った。

 記念式典は6月19日にパリ市庁舎で開催。京都からは門川大作市長をはじめ市民らの代表団が訪問する。式典のメーンイベントとして、京都の文化をパリ市民に発信するため、平成29年度の文化功労者でもあるコシノ氏プロデュースのファッションショーが企画された。

 京都市役所で10日に会見したコシノ氏は、「パリ市庁舎は非常に天井の高い素晴らしい建物で、お囃子があそこに響くのがとても楽しみ。ヨーロッパの文化と日本の文化が交わるのは面白い結果になるのではないか」と述べ、観世流能楽師、分林道治氏は「京都で大成した芸能をパリの目の肥えた人たちに見ていただくことは、身の引き締まる思いがする」と話した。

 コシノ氏は琳派誕生400年記念となった平成27年、京都国立博物館で分林氏の能とコラボしたファッションショーを開催し、西陣織や京友禅などの技術を生かしたドレス約80着を披露した。パリでは、このファッションショーをベースに新作なども加えて開催するという。

「産経WEST」のランキング