産経WEST

13日まで大雪の警戒を 冬型続き各地で交通に影響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


13日まで大雪の警戒を 冬型続き各地で交通に影響

 日本列島周辺は11日、強い西高東低の冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に北海道から九州の広い範囲で荒れ模様の天気になった。山陽新幹線が一時運転を見合わせたほか、雪が原因とみられる自動車の事故も相次いだ。気象庁は、13日まで大雪が続く可能性があるとして、警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、11日夕までの24時間に、新潟県阿賀町で70センチを超える雪が降るなど、日本海側の広い範囲で40センチ以上の降雪となった。中国地方では、平年の3~6倍の雪が積もっているところもある。

 山陽新幹線が三原駅(広島県)でポイントに雪が詰まって切り替わらなくなり、一時運転を見合わせた。在来線でも雪で運休や遅れが相次いだ。東北や九州では路面の雪や凍結が原因とみられる交通事故も続き、けが人も出ている。

 12日午後6時までの24時間予想降雪量は、北陸70センチ、北海道、近畿50センチ、東海、中国40センチ、東北、関東甲信30センチ、九州北部20センチ、九州南部、四国15センチ。

「産経WEST」のランキング