産経WEST

飲酒事故発覚恐れ逃走 容疑の男を危険運転致傷に切り替え送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


飲酒事故発覚恐れ逃走 容疑の男を危険運転致傷に切り替え送検

 飲酒運転で事故を起こし、女性に軽傷を負わせたとして大阪府警西堺署は11日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの疑いで堺市西区浜寺諏訪ノ森町西の船舶修理業、赤松孝雄容疑者(72)を逮捕し、同法違反(危険運転致傷)容疑で送検したと発表した。同署によると、「飲酒運転がばれたら逮捕されると思い逃げた」と容疑を認めているという。

 送検容疑は昨年12月23日午後6時15分ごろ、同市西区浜寺石津町西の府道交差点で、アルコールの影響により正常な運転が困難な状況で乗用車を運転。赤信号で停車中の軽乗用車に追突し、運転していた同市堺区の女性(47)に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとしている。

 同署によると、同日昼から堺区内の焼き肉店で同僚らと飲酒。いったん帰宅し、車で風俗店に行った帰りだったという。車のナンバーなどから赤松容疑者が浮上した。

「産経WEST」のランキング