産経WEST

大阪で将棋駒の強奪事件、被害5千万円か 販売店員を縛り、男逃走

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪で将棋駒の強奪事件、被害5千万円か 販売店員を縛り、男逃走

 将棋関連用品の販売店「将棋博物館二歩」が入るビルに向かう捜査員=11日午後、大阪府八尾市  将棋関連用品の販売店「将棋博物館二歩」が入るビルに向かう捜査員=11日午後、大阪府八尾市

 11日午前10時20分ごろ、大阪府八尾市北本町の将棋用品販売店「将棋博物館二歩(にふ)」に男が押し入り、女性店員(36)をいすに縛り付け、ショーケース内の将棋駒セットを奪って逃げた。大阪府警八尾署によると、同店経営者(58)は500万円以上の商品を含む30~40セットが奪われ、被害総額は5千万円以上と説明。店員にけがはなく、同署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は店員が店の入るビルを解錠した際に屋内に侵入した。その後、店員に鋭利なものを突きつけて「静かにしろ」と脅迫。持参したテープを後ろ手に巻き付けて店員をいすに縛り付けた後、ショーケースのガラスを割り、将棋セットを奪った。店は定休日だったが、店員は用事があって出勤したという。

 自力でテープをほどいた店員が、近くに住む男性経営者を通じて約20分後に110番。男が押し入る様子は付近の防犯カメラに記録されており、男は黒っぽい上下の服と帽子、白のマスクを着用していた。

 ホームページによると、同店は駒の製造販売を手がけており、在庫数日本一と宣伝。材質が固く、くしなどにも使われる「つげ」製の高級駒を取り扱い、有名作家の作品も展示しているという。経営者は「駒は200セットぐらいあり、最も高いものは540万円で買い付けた」と話した。

「産経WEST」のランキング