産経WEST

【香川・鳥インフル疑い】遺伝子の再検査作業開始 確定なら鶏5万1千羽殺処分へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【香川・鳥インフル疑い】
遺伝子の再検査作業開始 確定なら鶏5万1千羽殺処分へ

鳥インフルエンザが疑われる事例が発生した香川県さぬき市の養鶏場=10日午後4時23分 鳥インフルエンザが疑われる事例が発生した香川県さぬき市の養鶏場=10日午後4時23分

 香川県さぬき市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの疑い事例が発生した問題で、県と農林水産省は11日、ウイルスの遺伝子を再検査する作業を始めた。10日の遺伝子検査では結論が明確に出せなかったため。菅義偉官房長官は11日の記者会見で、再検査結果は午後8時ごろに判明するとの見通しを示した。

 県と農水省の担当者は11日、養鶏場に入り、鶏から血液などの検体を採取した。農水省と県は別々に検査し、両者の結果から同省が結論を出す。

 病原性ウイルスと確定すれば鶏約5万1千羽の殺処分を始め、作業に当たる自衛隊の派遣も要請する予定。家畜としては全国でこの冬1例目、四国での発生は初となる。

 県によると、病原性ウイルスと確定した場合、感染拡大防止のため、この養鶏場とその半径3キロ圏内にあるさぬき市の8農場に鶏や卵などの持ち出しや持ち込みを禁じる「移動制限」を、同3~10キロ圏内にある県内18農場に持ち出しを禁じる「搬出制限」を設定する。畜産関係の車両を対象とした消毒地点を周辺に設けて消毒を行っている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング