産経WEST

【関西の議論】想定外の問題浮上…京都「シャッター通り」商店街、インバウンドターゲットで人気回復も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
想定外の問題浮上…京都「シャッター通り」商店街、インバウンドターゲットで人気回復も

外国人観光客を取り込む努力を続け、にぎわいが戻りつつある稲荷繁栄会=平成29年12月、京都市伏見区 外国人観光客を取り込む努力を続け、にぎわいが戻りつつある稲荷繁栄会=平成29年12月、京都市伏見区

 「シャッター通り」化に悩む日本各地の商店街。かつてのにぎわいを取り戻そうと新たな客層を開拓する動きが散見されるが、観光都市・京都の商店街も例外ではない。京都市内の歴史ある商店街が狙いを定めたのが、年々増加するインバウンド(訪日外国人客)。スマートフォン用アプリを導入し、日本語が分からなくても買い物しやすくする工夫に余念がない。この狙いが的中し、店舗が回復する商店街もあるが、別の問題が浮上。復活を願う関係者らの悩みは深い。(桑村大)

アプリで買い物快適に

 買い物客らでにぎわう三条会商店街(京都市中京区)。京都を代表する商店街の一つで、堀川三条から千本三条までの東西800メートルの通りに約180店が軒を連ねる。

 ある昼下がり、青果店や電器店など、昭和時代のレトロな雰囲気が残る店で、1組の外国人カップルが物珍しそうに店内をのぞき込み、カメラのシャッターを切っていた。2人は香港からの旅行者でアンドリュー・デラノさん(41)とヨニー・ホーさん(34)。「過去と現代が融合したような雰囲気がいい。店主との距離も近く、人間味がある」と興味津々だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 想定外の問題浮上…京都「シャッター通り」商店街、インバウンドターゲットで人気回復も

「産経WEST」のランキング