産経WEST

戌年の希望の星に…殺処分寸前だった捨て犬、警察犬目指し訓練中 山口

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


戌年の希望の星に…殺処分寸前だった捨て犬、警察犬目指し訓練中 山口

練習場で訓練するタックと末岡賢志さん=山口県山陽小野田市 練習場で訓練するタックと末岡賢志さん=山口県山陽小野田市

 前の飼い主に捨てられ、殺処分寸前で保護された1歳の雑種犬タックが、山口県警の嘱託警察犬を目指し訓練に励んでいる。飼い主で作家の山本直子さん(50)=山口市=は「今年は戌年(いぬどし)。野良犬や捨て犬の希望の星になってほしい」と期待を込める。

 訓練士の末岡賢志さん(40)=山口県山陽小野田市=に導かれ、タックは練習場に出る。遺留品を想定し芝生の上に置かれた割りばしや布切れなどを、においを頼りに順番通りにたどっていく。リードをピンと引っ張りながらぐいぐい進み、最後の白い布切れを発見。頭をなでられると、うれしそうに舌を出した。

 タックは平成28年10月、生後約5カ月で県内の保健所に捨てられた。会員制交流サイト(SNS)の投稿で知った山本さんが殺処分の前日に保護。人への警戒心が強く、近づくとうなって威嚇してきた。「それでも私が保護しなければこの子は死んでしまう」

 山口市の訓練所に半年預け、徐々に人に慣れ始めると、訓練士は「嗅覚と追跡能力がずばぬけている」とタックの能力を指摘。警察犬の育成を手掛ける末岡さんの訓練所に移ることになった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング