産経WEST

【動画】香川の養鶏場で鳥インフル疑い、簡易検査で3羽陽性 確定なら家畜で今冬初、5万羽殺処分に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
香川の養鶏場で鳥インフル疑い、簡易検査で3羽陽性 確定なら家畜で今冬初、5万羽殺処分に

鳥インフルエンザが疑われる事例が発生した香川県さぬき市の養鶏場=10日午後 鳥インフルエンザが疑われる事例が発生した香川県さぬき市の養鶏場=10日午後

 香川県は10日、さぬき市の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと発表した。簡易検査で鶏11羽中3羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出た。確定すれば、家畜としてはこの冬1例目で、四国での発生は初。県は遺伝子検査で病原性ウイルスと確認され次第、10日深夜にも殺処分を始める方針で、約5万1千羽が対象となる見通し。

 この養鶏場は鶏の移動を自粛。県は殺処分開始と同時に、この養鶏場を含む半径3キロ圏内のさぬき市の9農場に鶏や卵などの持ち出しや持ち込みを禁じる「移動制限」を、同3~10キロ圏内にある県内?農場に持ち出しを禁じる「搬出制限」をそれぞれかける方針だ。現場周辺はすでに消毒した。

 県によると、10日午前9時15分ごろ、養鶏場の鶏舎15棟のうちの1棟で飼育していた約6千羽のうち、55羽が死んでいるのを管理者が発見し、直ちに県に届けた。8棟で肉用鶏約5万1千羽を飼育中で、他の7棟に鶏はいなかった。

 養鶏場周辺で鳥インフルエンザが疑われるような野鳥の死骸などは見つかっておらず、鶏舎の窓などは閉まっていたため、県は、感染した外部の野鳥などが入り込んだ可能性は低いとしている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 香川の養鶏場で鳥インフル疑い、簡易検査で3羽陽性 確定なら家畜で今冬初、5万羽殺処分に
  • 香川の養鶏場で鳥インフル疑い、簡易検査で3羽陽性 確定なら家畜で今冬初、5万羽殺処分に

「産経WEST」のランキング