産経WEST

昔と今を見比べて… 60年前と今の地元の写真展示 堺の書店

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


昔と今を見比べて… 60年前と今の地元の写真展示 堺の書店

昭和32年に撮影された湊駅周辺の写真を手にする鎌苅さん。奥には現在の湊駅周辺の写真が展示されている=堺市堺区 昭和32年に撮影された湊駅周辺の写真を手にする鎌苅さん。奥には現在の湊駅周辺の写真が展示されている=堺市堺区

 昭和32年に南海湊駅(堺市堺区)周辺を上空から撮影した写真が、現在の同駅周辺の写真とあわせて、地元の「一心堂書店」で展示されている。店主の鎌苅一身さん(70)は「昔と今の風景を比べてみることで、地域の魅力を見つめ直してほしい」と話している。

 写真は地域の古い写真を収集していた鎌苅さんのコレクションの一部で、この年代に上空から撮影した写真は珍しいという。

 鎌苅さんは写真の撮影時期から60年が経過したことにあわせ、この写真の展示を計画。専門家に依頼して写真を拡大し彩色するなどの加工を施すとともに、現代の風景と比較して展示するため、昨年9~10月にドローンで同駅周辺の風景を上空から撮影した。

 昭和32年の写真では海が駅近くまでせまり、駅舎は木造で、喜福工業(旧・堺紡績)の工場が広がっているが、現在の写真を見ると、海は埋め立てられ、駅舎は建て替えられ、工場があった場所には団地が建てられている。

 今後、付近を別の角度から撮影した写真なども整理して展示していく予定で、鎌苅さんは「古いものはどんどんなくなり、風景は昔からずいぶん変わったが、風情あるおもしろい建物がまだ残っている。そうした地域の魅力を発信していきたい」と話している。

 同店は日曜定休。営業時間は午前10時から午後9時。問い合わせは、同店((電)072・241・4105)。

「産経WEST」のランキング