産経WEST

知人殺害しようと加熱式たばこに水銀注入、男を逮捕 男性は味覚障害の症状 滋賀県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


知人殺害しようと加熱式たばこに水銀注入、男を逮捕 男性は味覚障害の症状 滋賀県警

 知人男性を殺害しようと水銀を注入した加熱式たばこを渡したとして、滋賀県警捜査1課などは10日、殺人未遂の疑いで、大津市関津の設備業、宮脇貴史容疑者(36)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成29年6月、滋賀県栗東市内の路上で、同市に住む知人男性(37)を殺そうと水銀を注入した加熱式たばこを渡したとしている。男性が渡された14本のたばこを吸ったところ、異変に気付き喫煙を止めた。男性には味覚障害などの症状が出たという。

 同課によると、男性は宮脇容疑者が経営していた会社の元従業員。男性から被害届を受けた県警が残りのたばこを調べたところ、本来含まれていない量の水銀が検出された。宮脇容疑者は「1本あたり0・3~0・5グラムの水銀を注入した」と供述しているという。

 加熱式たばこは専用の器具を使い、火で燃焼させずに電気で熱してニコチンを含む蒸気を吸う仕組みのたばこ。煙が出ず臭いも少ないのが特徴で、近年需要が拡大している。

▼【関連ニュース】人気も過熱「加熱式たばこ」は“安全”か? 専門家「発がん物質、含まれてる」

「産経WEST」のランキング