産経WEST

【銀幕裏の声】“関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
“関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?

大正駅編の撮影で、トミーズ雅(右端)と打ち合わせする木村プロデューサー 大正駅編の撮影で、トミーズ雅(右端)と打ち合わせする木村プロデューサー

期待が膨らむ劇場版

 自ら企画した大阪環状線シリーズでは、木村さんはパート1から今回のパート3まで、プロデューサーと同時に、必ず数話で演出も兼任してきた。パート3では、1話目で放送される福島駅編の他、トミーズ雅主演の大正駅編「KOボーイ」など全10話中3話の演出を担当し、現場で指揮を執っている。

 「かつて『どてらい男』が放送され、関西発の連ドラが全国で人気を誇ったように、関西で当たり前に連ドラを制作できる態勢を根付かせたい」と木村さんは構想を膨らませる。

 大阪環状線シリーズは3シーズン目に入り、軌道に乗ってきただけに気になるのは次の展開だ。

 「今年は関テレ創立60周年という節目の年。大阪環状線シリーズの劇場版が撮れれば…。そのときは私が映画監督を務めたいですね」と木村さんは意欲を見せた。

このニュースの写真

  • “関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?
  • “関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?
  • “関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?
  • “関西発”の連ドラ「大阪環状線」3シーズン目へ突入、映画も構想!?

「産経WEST」のランキング