産経WEST

【春高バレー】男子・洛南が4強入り 2年生エースが止まらない

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【春高バレー】
男子・洛南が4強入り 2年生エースが止まらない

【第70回春の高校バレー】得点が決まり、雄叫びを上げる洛南・大塚=6日、東京体育館(福島範和撮影)  【第70回春の高校バレー】得点が決まり、雄叫びを上げる洛南・大塚=6日、東京体育館(福島範和撮影) 

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権大会第3日は6日、東京体育館で3回戦と準々決勝が行われ、男子は総体王者の鎮西(熊本)、前回準優勝の東亜学園(東京)のほか、高川学園(山口)、洛南(京都)が準決勝に進出。総体準優勝の開智(和歌山)は3回戦で高川学園に敗れた。

 洛南の2年生エース、大塚の勢いが止まらない。準々決勝の崇徳戦でもパワーあふれるプレーを随所に見せて、チームベスト4入りの立役者になった。

 最高到達点は今大会屈指の337センチ。昨夏、バーレーンで開催された世界ユース選手権で3位に輝いた日本代表の先発メンバーとして活躍した。細田監督は「世界の舞台ではさすがに大塚のスパイクも止められる。そこで自分で考えて、攻撃力の幅を広げ帰ってきた」と成長に目を細める。

 前衛では力強いスパイクに高さのあるブロック。後衛に移ってもジャンピングサーブやバックアタックを決めて加点する。「大塚が打つ」とわかっている崇徳の選手たちも防ぐことはできなかった。

 大塚の活躍に刺激を受けているのが、もう1人の2年生、垂水だ。「スパイクのスピードはチーム一」(細田監督)。大塚にマークが集まる分、ノーマークとなる場面も多く、スパイクのすごみが増している。

 7日の準決勝はセンターコートでのプレー。垂水は「あしたは5セットマッチを楽しむ。(大塚)達宣(たつのり)に負けないくらいスパイクを決めたい」と意欲を見せた。(佐々木正明)

「産経WEST」のランキング