産経WEST

世界の課題へ笑いの力で貢献 吉本興業の「SDGs」啓発動画、国連のウェブサイト掲載へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界の課題へ笑いの力で貢献 吉本興業の「SDGs」啓発動画、国連のウェブサイト掲載へ

吉本興業が公開しているSDGs啓発の動画。国連も、英語の字幕を付けて公開する(ユーチューブより) 吉本興業が公開しているSDGs啓発の動画。国連も、英語の字幕を付けて公開する(ユーチューブより)

 貧困・飢餓の撲滅、気候変動対策などを目指して国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、吉本興業(大阪市)のお笑い芸人らが出演する動画が、国連のホームページで英語の字幕付きで公開されることが4日、分かった。世界中でSDGsの認知度を向上させるため、日本のお笑いの力が活用される。

課題テーマにコント展開

 国連が公開するのは、国連広報センター(東京都渋谷区)と吉本興業が共同で制作した短編動画。昨年10月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で27本が公開されている。オリエンタルラジオ、トレンディエンジェル、横澤夏子らお笑いタレントが「温暖化」「ジェンダー」「飢餓」などをテーマにコントを繰り広げ、啓発する内容だ。国連は、このうち何本かをホームページに掲載する準備を進めているという。

 吉本興業と国連広報センターは昨年1月、日本の若者らにSDGsへの関心を高めてもらう目的で提携した。

万博誘致にチャンスも

 SDGsへの貢献は、誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)大阪開催のテーマに掲げられており、今回の動画公開は取り組みを世界へアピールするチャンスにもなりそうだ。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング