産経WEST

【草津の店主暴行死】容疑者、土鍋でも殴打 数十回にわたり執拗に殴る蹴る 被害者の肋骨は複数骨折

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【草津の店主暴行死】
容疑者、土鍋でも殴打 数十回にわたり執拗に殴る蹴る 被害者の肋骨は複数骨折

糸岡さんが暴行を受け死亡した居酒屋=30日、滋賀県草津市 糸岡さんが暴行を受け死亡した居酒屋=30日、滋賀県草津市

 滋賀県草津市のちゃんこ料理店で経営者の糸岡真二さん(60)が客2人から暴行を受け死亡した事件で、遺体の殴打痕などから、糸岡さんが数十回殴る蹴るの暴行を受け、土鍋でも殴られていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。肋骨(ろっこつ)も複数箇所折れており、激しい暴行を受けていたとみられる。

 滋賀県警草津署によると、傷害致死容疑で逮捕された不動産仲介業、浜野慶治(46)と土木作業員、関一也(45)の両容疑者は12月21日午後7時ごろ、計7~8人で来店し個室で飲食。従業員の雑炊の作り方などに言いがかりをつけ、糸岡さんが1人で対応していた。

 捜査関係者によると、署員が110番を受けて個室に踏み込んだところ、室内には割れたコップが散乱し、糸岡さんが正座をしてぐったりとした様子で頭から血を流していた。

 糸岡さんは署員が駆けつけるまでの約2時間半にわたり、断続的に暴行を受けたとみられ、同席していた客によると、土鍋でも殴打された。

 この間、浜野容疑者らと同席していた客が店員に「自分らで収めるから」などと話したという。

 糸岡さんは、無抵抗のまま長時間暴行を受け続け、肺損傷で死亡したとみられ、県警は調べを進めている。

このニュースの写真

  • 容疑者、土鍋でも殴打 数十回にわたり執拗に殴る蹴る 被害者の肋骨は複数骨折

関連ニュース

「産経WEST」のランキング