産経WEST

滋賀・名神高速道路で500メートル逆走し、衝突 けが人なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀・名神高速道路で500メートル逆走し、衝突 けが人なし

 30日午後3時35分ごろ、滋賀県草津市岡本町の名神高速道路下り線で、岐阜市東島の無職の男性(56)の運転する軽乗用車が約500メートル逆走し、名古屋市西区の男性会社員(36)運転の普通乗用車と衝突した。けが人はなかった。

 滋賀県警高速隊によると、現場は栗東インターチェンジ(IC)-草津ジャンクション間の片側3車線。軽乗用車はバス停のスペースで方向を切り返して路肩を逆走し、本線に入ろうとしたところ、普通乗用車に衝突したという。当時、帰省ラッシュなどで交通量が多く、本線側の車の速度はあまり出ていなかったという。

 軽乗用車の男性は愛知県内のICから入っており「岐阜の家に帰ろうと思った」と話しているといい、高速隊は、男性が引き返そうとしたとみて調べている。

「産経WEST」のランキング