産経WEST

【衝撃事件の核心】クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

居宅敷地内の蔵に、現金入りの段ボールが無造作に置かれている 居宅敷地内の蔵に、現金入りの段ボールが無造作に置かれている

 この減税制度を悪用したとされたのが、大阪府内の鉄筋工事会社。同制度は太陽光発電の設備が稼働する前には利用できないのだが、関係者によると、同社は設備の稼働開始時期を前倒しし、稼働しているように装って同制度を利用したという。

 同社は設置工事費の水増しも合わせ、2年間で約2億4300万円の法人所得を隠したとして刑事告発された。

 大阪国税局が摘発した脱税事件では、脱税によって得た不正資金の多くが現金や預貯金、有価証券として留保されていたが、家や高級外車、高級腕時計の購入費やギャンブルなどの遊興費のほか、海外のコンドミニアムの取得費用に充当されたケースもあった。

 大阪国税局は「社会情勢の変化に合わせ、年々、脱税の手口も巧妙化している。今後も脱税事件に目を光らせていく」としている。

このニュースの写真

  • クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ
  • クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング