産経WEST

【衝撃事件の核心】クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

居宅敷地内の蔵に、現金入りの段ボールが無造作に置かれている 居宅敷地内の蔵に、現金入りの段ボールが無造作に置かれている

 中でも名古屋市内の宝飾品販売会社が消費税の「輸出免税制度」を悪用していた事案は、同国税局が摘発した消費税の脱税事件としては、過去最多となる総額約17億円を脱税していた。

 事業者の場合、消費税は、売り上げにかかる税額と仕入れにかかった税額の差額を納税する。国内で取引される商品やサービスに課税され、輸出取引には課税されない。国内で仕入れた商品を輸出した場合、輸出業者は仕入れ時にすでに支払った税額を申告することで、還付を受けることができる。これが消費税の輸出免税制度だ。

 捜査関係者によると、同社の関連会社3社が国内で仕入れた高級腕時計を、香港の別の関連会社に輸出したように装って税務署へ申告し、国から消費税の還付を受けていた。高級腕時計をいったん香港に持ち出した後に、同社の社員らが税関を通さずに国内へ再び持ち帰るという大胆不敵な行動を取っていたという。

 事件では、同社前社長と法人としての同社が消費税法違反罪などで起訴され、大阪地裁で公判中だ。

太陽光設備めぐる脱税も

 新たな分野が標的になった事件もあった。

 国が太陽光発電設備の導入を促進するために創設された「グリーン投資減税」で、一定の条件を満たせば、導入コストの大半が経費として認められる。

続きを読む

このニュースの写真

  • クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ
  • クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング