産経WEST

【衝撃事件の核心】クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

居宅敷地内の蔵に、現金入りの段ボールが無造作に置かれている 居宅敷地内の蔵に、現金入りの段ボールが無造作に置かれている

 実際、福岡国税局が摘発した事例では、関係先の押し入れの床が電動でせり上がる仕組みになっており、床下の隠し金庫から計約1億円が見つかっている。

刑事告発は建設業が最多

 国税庁によると、28年度に、全国の国税局が事案について刑事告発の可否を決める「処理」を行った件数は計193件で、脱税額は前年度より約23億円増え、約161億円に上った。

 これを大阪国税局管内(近畿2府4県)でみると、処理件数は前年度より1件増えて41件とほぼ横ばいだったが、脱税額は約15億9千万円も増えて約49億9千万円に。1件あたりの脱税額は約1億2千万円だ。

 ちなみに脱税額の近年の状況は、24年度=約31億2千万円▽25年度=約26億1千万円▽26年度=約35億3千万円▽27年度=約34億円。28年度は直近の5年間で“最高額”になっている。

 告発された脱税者の業種は、前年度に続いて建設業がトップで6者。次いで時計卸売が3者で、不動産業▽金属製品製造▽商品、株式取引-がいずれも2者で続いた。

消費税脱税の取り締まり強化

 また、28年度の脱税額を税金の項目別でみると、消費税が約26億1千万円で半分以上を占めた。これは同国税局が「消費税は国民の関心がきわめて高い」などとして積極調査したことが背景にある。

続きを読む

このニュースの写真

  • クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ
  • クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング