産経WEST

【衝撃事件の核心】クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

居宅敷地内の蔵に、現金入りの段ボールが無造作に置かれている 居宅敷地内の蔵に、現金入りの段ボールが無造作に置かれている

 悪質な脱税者を摘発する「マルサ(国税査察官)」。大阪国税局査察部では今年、テレビCMで有名なビル型納骨堂「梅旧院(ばいきゅういん)光明殿(こうみょうでん)」(大阪市浪速区)を舞台とした脱税事件が注目された。同国税局が直近の平成28年度に摘発した近畿2府4県の脱税額は50億円近く。過去5年間で最多だ。脱税者は複雑な手口で儲けを仮装・隠蔽し、あの手この手で課税逃れを図っているが、資金の隠し場所は無造作に置かれた段ボール箱やタンスの中の紙袋なんていう、意外と単純なケースもあり…。

こんなところに1億円超

 大阪国税局査察部のとある調査先。散らかった様子の蔵の内部には、たくさんの荷物が放り込まれていた。だが、実はその中にあった段ボール箱に札束が隠されていた。内訳は1千万円の束が12束。百万円の束が20束。しめて1億4千万円だ。

 この調査先では、ほかにも、クローゼットの中に置かれていた紙袋から1億5千万円以上の札束が見つかり、室内のボストンバッグでも封筒で小分けされた5千万円以上の現金が見つかった。その方がかえって見つかりにくいとも思ったのだろうか、あまりに無造作な現金の隠し方だ。

 同国税局が摘発した事件では、脱税者らはさまざまな場所に不正資金を隠していた。ただ、こういう無造作に隠匿する例はあまりないといい、金庫に保管されていることが多いという。

続きを読む

このニュースの写真

  • クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ
  • クローゼットの紙袋に大量の札束…大阪のマルサが1年間で暴いた脱税の手口あれこれ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング