産経WEST

神戸・中3自殺、再調査要望の遺族に「追加調査せず」と伝える 母親「全体像分からない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸・中3自殺、再調査要望の遺族に「追加調査せず」と伝える 母親「全体像分からない」

 神戸市垂水区で昨年10月に死亡し、自殺を図ったとみられる市立中3年の女子生徒=当時(14)=を巡り、市教育委員会の第三者委員会が遺族に追加調査はしないと伝えたことが27日、遺族への取材で分かった。第三者委は今年8月に生徒がいじめを受けていたなどとする調査報告書をまとめたが、遺族は不十分な内容だとして、11月に再調査を要望していた。

 生徒の母親(42)は「報告書ではいじめの全体像が分からない。何があったのか知りたい」と話している。今後、久元喜造市長に調査を求めるという。

 母親によると、今月26日に市教委から文書で回答があり「第三者委の見解は報告書の通りで、これ以上の調査続行はないとしている」と説明した。

 関係者によると、第三者委の調査報告書では、生徒は容姿を中傷されたことや廊下で足を引っ掛けられたことなどをいじめの事実と認定していた。

「産経WEST」のランキング