産経WEST

ひったくり偽装で山口組系組幹部を起訴 和歌山地検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ひったくり偽装で山口組系組幹部を起訴 和歌山地検

 和歌山地検は26日、別の男らが盗んだ現金の一部を、盗んだものと知りながら受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の罪で、大阪市淀川区木川東、指定暴力団神戸山口組系組幹部、高山俊治容疑者(55)を同日付で起訴したと発表した。

 起訴状などによると、9月、共謀してひったくり事件を装い現金を盗んだ朝田正司被告(43)=窃盗罪で起訴=から、盗んだ現金の一部にあたる100万円を受け取ったとしている。

 高山被告は朝田被告らと共謀してひったくりを装い、現金約400万円を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕、送検されていた。

「産経WEST」のランキング