産経WEST

【名作映画を見てみよう!】サンタ信じる? 実はオトナ向け、感動の「ポーラー・エクスプレス」(2004年)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【名作映画を見てみよう!】
サンタ信じる? 実はオトナ向け、感動の「ポーラー・エクスプレス」(2004年)

『ポーラー・エクスプレス』 ブルーレイ 2381円+税/DVD 1800円+税 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント 『ポーラー・エクスプレス』 ブルーレイ 2381円+税/DVD 1800円+税 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

 先日、地元・京都の大型ショッピングセンターで、親子連れのこんな会話を耳にしました。お母さんと小さな男の子の兄弟の3人です。

 「なあ、お父さんはサンタさんにちゃんと手紙書いてくれはったかな」(弟)

 「多分な」(兄)

 ほほえましく思いながら、同時に、クリスマスの到来を感じたのでした。

 日本での知名度は高くないですが、欧米ではこの時期の定番で知られています。「ポーラー・エクスプレス」(2004年、ロバート・ゼメキス監督)。CG(コンピューターグラフィックス)アニメ映画です。

 雪深いクリスマスイブの夜。幼い頃、あれほど楽しみだったサンタからのプレゼントですが、今やすっかりサンタの存在が信じられなくなった少年(声=ジョシュ・ハッチャーソン)がいました。

 ところが、そんな彼の家に大きな蒸気機関車がやってきます。サンタの家があるとされる北極に向かう「ポーラー・エクスプレス」です。少年は車掌(声=トム・ハンクス)の誘いに応じ、その機関車に乗り込みます。

 車内には少年と同世代のたくさんの子供たちがパジャマ姿で乗っていました。人種も性別も生活環境も異なるそんな少年少女たちと共に、彼は北極に向かいます…。

 公開当初は、CGで描かれた登場人物に違和感を訴える声もちらほらありました。しかし、原作の絵本が持つ世界観をさらにパワーアップさせた映像美と、ファンタスティックかつ心温まる物語が多くの人々の心を捉(とら)え、全世界で大ヒット。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング