産経WEST

【坂口至徳の科学の現場を歩く】AIが人間と対話し「未知の単語」学ぶ…テーラーメイドのソフト開発に期待 阪大の「産研」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【坂口至徳の科学の現場を歩く】
AIが人間と対話し「未知の単語」学ぶ…テーラーメイドのソフト開発に期待 阪大の「産研」

暗黙的確認システムの仕組み。図のように「ナシゴレン」という未知の料理の単語を含んだ話しかけがあると、AIは「インドネシア料理を出す店が増えましたね」と、どの国の料理か推測し、それを含んで応答。相手が「ナシゴレンもあるよね」と返せば、正解と確認できる(大阪大学産業科学研究所提供) 暗黙的確認システムの仕組み。図のように「ナシゴレン」という未知の料理の単語を含んだ話しかけがあると、AIは「インドネシア料理を出す店が増えましたね」と、どの国の料理か推測し、それを含んで応答。相手が「ナシゴレンもあるよね」と返せば、正解と確認できる(大阪大学産業科学研究所提供)

 人間とAI(人工知能)が対話するとき、AIにあらかじめ入力されていない単語が出てきても、人間に対し一方的に問い詰めることなく、言葉のやりとりの中でどのジャンルの単語か推測し、それが正しいか判断する。そして、対話を重ねるうちに、その人特有の単語をスムーズに習得するようになり、ますます賢くなっていく。

 このような、対話の相手に合わせて自動的に単語を学習するシステムを大阪大学産業科学研究所の駒谷和範教授らの研究グループが開発した。

 店頭に設置された案内ロボットやスマートフォンのアプリなどと対話する機会が増えているが、それらは基本的には、すでにシステムに組み込まれた知識を引き出して応答している。さらに、AIが人間に質問して学ぶという手法もあるが、対話の途中で未知の単語について、AIから「それは何?」と繰り返し質問されると、続ける意欲が削がれてしまう。また、誤った回答をAIが鵜呑みにし、知識として蓄積してしまうケースもある。

 そこで、駒谷教授らは、未知の単語がどのようなジャンルに分けられるかをAIが推定した結果の正誤について、機械学習の技術を使う「暗黙的確認」という手法を開発した。言葉のやりとりを解析し、その人特有の表現の仕方も含めて判定するもの。

 例えば、のように「ナシゴレン」という未知の料理の単語が話題に上ると、AIは「インドネシア料理を出す店が増えましたね」と、どの国の料理か推測して応答。相手が「ナシゴレンもあるよね」と返せば、正解と確認できる。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング