産経WEST

京都府警職員また無断撮影…本部長訓戒受け、退職

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都府警職員また無断撮影…本部長訓戒受け、退職

 京都府警装備課の40代の男性職員が駅のホームで面識のない女性を無断撮影していたことが21日、府警への取材で分かった。職員は7日付で本部長訓戒を受け、同日付で依願退職した。

 府警では別の男性職員が電車内で女性を無断撮影したとして、11月にも本部長訓戒を受け、依願退職している。

 府警によると、11月9日午前、通勤のために京都市内の駅のホームにいた際、近くの女性の全身を同意なく写真撮影した。巡回中の警官が撮影に気付き発覚。「好みの女性だった」と認めているという。

「産経WEST」のランキング