産経WEST

星空保全条例を制定、県レベル特化型初、鳥取…来年4月施行へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


星空保全条例を制定、県レベル特化型初、鳥取…来年4月施行へ

「鳥取市さじアストロパーク」の夜空に広がる天の川(鳥取県提供) 「鳥取市さじアストロパーク」の夜空に広がる天の川(鳥取県提供)

 美しい夜空を次世代に引き継ごうと、サーチライトやレーザー光線の使用を原則禁止する鳥取県の星空保全条例案が21日、県議会本会議で賛成多数により可決、成立した。県によると、星空景観保護の目的に特化した条例制定は都道府県レベルで初めて。施行は来年4月の予定。

 鳥取県は「星取県」を宣言し、観光PRに取り組んでいる。条例で防災利用などを除き、特定の対象物を照らす目的がない場合は屋外での投光器使用を認めない。特に美しい星空が見える地域を「星空保全地域」に指定。照明器具の設置や使用にさらに厳しい基準を設ける。違反者には指導し、従わない場合に5万円以下の過料を科す。

 県によると、星空の景観保護に特化した条例は、岡山県井原市や群馬県高山村などで制定されている。岡山県や佐賀県などには、投光器の照射規制を盛り込んだ包括的な環境保護条例がある。

▼絶景「星取県」星空の写真(こちらをクリック)

このニュースの写真

  • 星空保全条例を制定、県レベル特化型初、鳥取…来年4月施行へ
  • 星空保全条例を制定、県レベル特化型初、鳥取…来年4月施行へ
  • 星空保全条例を制定、県レベル特化型初、鳥取…来年4月施行へ
  • 星空保全条例を制定、県レベル特化型初、鳥取…来年4月施行へ
  • 星空保全条例を制定、県レベル特化型初、鳥取…来年4月施行へ

「産経WEST」のランキング