産経WEST

【エンタメよもやま話】韓国は「ヘイト大国」なのか、在ソウル外国人95%が「差別体験」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
韓国は「ヘイト大国」なのか、在ソウル外国人95%が「差別体験」

ソウル在住外国人の94・5%が人種差別の被害に遭っていたことなど、韓国での人種差別の酷さを報じる香港の英字紙「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」(SCMP、電子版12月10日付) ソウル在住外国人の94・5%が人種差別の被害に遭っていたことなど、韓国での人種差別の酷さを報じる香港の英字紙「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」(SCMP、電子版12月10日付)

 内閣府が12月2日「人権擁護に関する世論調査」の結果を発表しました。

 今回、初めて、特定の人種や民族への差別を繰り返す「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」に関し、複数回答でその受け止め方を尋ねたのですが、「ヘイトスピーチを伴うデモ、集会、街宣活動を知っているか」との問いに全体の57・4%が「知っている」と回答。

 そして「知っている」と答えた人にその感想を聞くと、半数近い47・4%が「日本に対する印象が悪くなる」と答え、「不愉快で許せない」との回答も45・5%にのぼるなど、否定的な答えが多くを占めました。

 その一方、17・0%の人が「『表現の自由』の範囲内だと思った」と答え、「ヘイトスピーチをされる側に問題がある」との回答も10・6%あるなど、一定の容認論もありました。

 「ヘイトスピーチ」が許されないことは言うまでもなく、こうしたことをなくすため、官民一体となって努力を続けることが求められていることは言うまでもないと思います。

 さらに、これからは観光客だけでなく、日本に住もうとする外国人が増えるのは間違いないですから、在日外国人全般に対する差別的な言動を許さない世の中が求められています。

▼【関連ニュース】日本テレビ「ガキ使」ダウンタウン浜田の黒塗り顔メーク批判、その黒人主演の名作映画が黒人差別…

 というわけで、そうした問題に関する話題を本コラムでご紹介しようと、いつものように海外メディアのサイトを巡回していたところ、驚きの記事にたどりつきました。慰安婦問題をはじめ「ヘイトスピーチ」の問題でも厳しく日本を糾弾(きゅうだん)する韓国が、実は外国人に対して極めて差別的なお国柄であることが分かったのです。

■韓国を国連が問題視…実態を調査

 12月10日付の香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(SCMP、電子版)。この記事によると、韓国は朝鮮民族が全体の96%を占める最も多様性のない国のひとつで、海外に行くことなしに少数民族と交わる機会は殆(ほとん)どないといい、そのためか、在韓外国人に対し、より直接的な差別があると明言します。

 その例として、ソウルにある仏教系の私立大学、東国大学校(とんぐうだいがっこう)で教べんを取る黒人女性、カニカ・コープランドさん(41)は、数カ月前、白人を含む友人たちとバーで楽しんでいたとき、こんな目に遭ったと振り返ります。

 「何人かの韓国人男性が白人の友だちのところにやってきて“どうして君は黒人の女(black girl)と一緒にいるんだ”と訪ねたんです」

「米国と違い、韓国では根深い差別」…日本の3倍超、そして

関連ニュース

「産経WEST」のランキング