産経WEST

【衝撃事件の核心】駆け込んだ先は弁護士会館、職務質問逃れた男が拘置所で語った“真実”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
駆け込んだ先は弁護士会館、職務質問逃れた男が拘置所で語った“真実”

A男が任意の採尿を拒否して逃げ込んだ大阪弁護士会館(大阪市北区) A男が任意の採尿を拒否して逃げ込んだ大阪弁護士会館(大阪市北区)

 困りごとがあって弁護士会館に行くのは、ある意味当たり前なのだが、大阪では一部の人の行為をめぐって、困った問題が起きている。薬物事件の端緒となる職務質問から逃れるために会館に駆け込む動きがあるからだ。覚せい剤取締法違反罪で起訴された無職の男A(52)もその一人。10月に職務質問を受けた際、この場所に逃げ込み、警察をけむに巻いた。なぜ弁護士会館を目指したのか。薬物事犯の間で“駆け込み寺”と見なされているのではないか。取材に応じたAは「真実は違うんや…」と意味ありげに口を開いたのだが-。

「アリのはい出る隙もなく」

 覚醒剤の使用と所持の罪で起訴されたAは今月中旬、大阪拘置所にいた。最初の逮捕からすでに1カ月以上が経過。勾留前に仮に薬物を使っていたとしても、もう直接的な影響はないだろう。

 取材の意図を告げると、Aは少し勝ち誇ったような表情を見せた。そして当時の“脱出劇”を、雄弁に語り出したのだった。

 「あの日、会館の前にはパトカーが6台はおったかな。アリのはい出る隙間もない、警察の厳戒態勢やったね…」

 最初の職務質問の場所は観光客らでごった返す大阪・ミナミの国立文楽劇場前だった。10月27日午後3時15分ごろ、大阪府警南署の署員が2人組の男が乗る車に目をとめた。助手席にいたAが挙動不審に映った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 駆け込んだ先は弁護士会館、職務質問逃れた男が拘置所で語った“真実”

関連トピックス

「産経WEST」のランキング