産経WEST

【動画】東西の本願寺ですすはらい 500年続く伝統行事 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
東西の本願寺ですすはらい 500年続く伝統行事 京都

西本願寺の御影堂で門徒らによっておこなわれた「御煤払い」=20日午前、京都市下京区の西本願寺(寺口純平撮影) 西本願寺の御影堂で門徒らによっておこなわれた「御煤払い」=20日午前、京都市下京区の西本願寺(寺口純平撮影)

 1年間にたまった畳のほこりをたたいて落とす年末恒例の「すす払い」が20日、京都市下京区の西本願寺と東本願寺でそれぞれ行われた。僧侶や門徒らが竹の棒や大うちわで大掃除に励み、新年を迎える準備を整えた。

 500年以上続く伝統行事。西本願寺の御影堂では午前7時すぎ、大谷光淳門主が長さ約4メートルのほうきを左右に振るしぐさを合図に作業を開始。かっぽう着やマスクをつけた門徒約700人がいっせいに竹の棒で畳をたたくと、もうもうとほこりが舞い上がり、大きなうちわで外へとあおぎ出した。

 東本願寺の阿弥陀堂でも両手に持った竹の棒で畳をたたきながら、横一列になって前進した。

「産経WEST」のランキング