産経WEST

関空-ハワイのLCC・スクート就航 往復2万7600円から、一番機は満席で出発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


関空-ハワイのLCC・スクート就航 往復2万7600円から、一番機は満席で出発

記念式典で関空-ホノルル路線の就航を祝うスクートの関係者ら=19日午後(志儀駒貴撮影) 記念式典で関空-ホノルル路線の就航を祝うスクートの関係者ら=19日午後(志儀駒貴撮影)

 シンガポール航空系の格安航空会社(LCC)、スクートは19日、関西国際空港と米ハワイのホノルルを結ぶ路線を就航させ、午後7時半過ぎに一番機がホノルルに向けて飛び立った。LCCによる関空-ホノルル路線就航は2社目。関空の国際定期便はアジア方面が中心だが、欧米などへの中長距離線が増えれば、ハブ(拠点)空港としてのネットワーク拡大に結びつく可能性がある。

 一番機の出発を前に同日夕、関空で記念式典が開かれた。スクートのビノード・カナン最高商業責任者(CCO)は「長距離路線を強化するスクートにとって、初の米国路線を関空から就航できて大変うれしい」と話した。初便は329席がほぼ満席となった。

 同路線の通常運賃はエコノミークラスが往復2万7600円から。燃費のいい最新機材を導入し、機内食や手荷物の預け入れを有料とすることで格安運賃を実現した。ホノルルへは往路約7時間、復路約9時間半で、週4便運航する。

「産経WEST」のランキング