産経WEST

【実録 韓国のかたち 第3部(2)】日韓合意も処罰の対象に 文在寅政権「近衛兵」による“韓国の文化大革命”の無慈悲

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【実録 韓国のかたち 第3部(2)】
日韓合意も処罰の対象に 文在寅政権「近衛兵」による“韓国の文化大革命”の無慈悲

文文在寅大統領をトップに頂く政権は“積弊清算”を進めているが、目的は腐敗を一掃し、正義を実現するためではないという(ロイター) 文文在寅大統領をトップに頂く政権は“積弊清算”を進めているが、目的は腐敗を一掃し、正義を実現するためではないという(ロイター)

 韓国の与党「共に民主党」は11月、今後徹底的な調査が必要だとする「積弊(長年積もった不正腐敗)リスト73件」を文書にまとめ、121人の所属議員に回覧した。

 聯合ニュースによれば、清算すべき積弊対象には慰安婦問題をめぐる日韓合意も含まれている。外交部(日本の外務省に相当)内に設置された特別委員会の活動結果を土台に関連した者を“処罰”するという。

左派政権の問題には蓋をしたまま…

 韓国野党議員の一人は「革命政権を看板とする文(在寅)=ムン・ジェイン=政権は、李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クネ)政権時代の“不正”をあぶりだし、恥をかかせ、保守勢力が復権できないようにするつもりだ。盧武鉉(ノ・ムヒョン)、金大中(キム・デジュン)の左派政権の問題には蓋をしたままだ」と話す。

 保守系の論客、趙甲済(チョ・カプチェ)は韓国で起こっている現象を中国の文化大革命に例え、文大統領を支持する元学生運動家ら「運動圏」の勢力を「紅衛兵」と呼ぶ。

 1966年より10年あまり中国全土を席巻した文化大革命の狂風のなか、中学、高校生らで組織された「紅衛兵」は、国家主席、劉少奇をはじめ多くの共産党幹部を捕らえ、市中を引きまわし、殴り殺すこともあった。政権各部署には最高指導者、毛沢東の庇護をうける「革命委員会」と称する組織が進駐、無慈悲な粛清を敢行したのだ。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング