産経WEST

関西クラシック界の恒例「ザ・シンフォニーホール」カウントダウン&ニューイヤーコンサート

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


関西クラシック界の恒例「ザ・シンフォニーホール」カウントダウン&ニューイヤーコンサート

ザ・シンフォニーホールのステージ=大阪市北区(加藤孝規撮影) ザ・シンフォニーホールのステージ=大阪市北区(加藤孝規撮影)

 ザ・シンフォニーホール(大阪市北区 http://www.symphonyhall.jp/ )が今年も大晦日(おおみそか)から新年にかけて「カウントダウンコンサート2017-2018」と「ニューイヤーコンサート2018」を開催する。

 2015(平成27)年の大晦日、「大阪に元気を!」をスローガンに、16年ぶりにカウントダウンコンサートを実施。これが大好評だったため、昨年はパリからソリストを招聘(しょうへい)。凝った演出も好評だった。

 今回のテーマは「音楽で世界の旅へ」。華やかなウィンナ・ワルツから、世界中で愛される「カルメン」や「トゥーランドット」「キャンディード」といったオペラ・アリア、さらに日本でも知名度が高いミュージカルの定番「オペラ座の怪人」や「ウエストサイド物語」などを披露。文字通り音楽の名演で世界を旅する気分が味わえる。

 演奏者は、本場・パリで活躍する歌手と、関西で活躍する演奏家たち。この日のために結成された「ザ・シンフォニー・オーケストラ」は、大阪フィルハーモニー交響楽団の首席コンサートマスター、田野倉雅秋(たのくら・まさあき)率いる関西の4大オーケストラから集結した豪華メンバー。

 さらに、関西で活躍するバレエダンサーによる華やかなパフォーマンスとプロジェクションマッピングによる光と映像が演奏を華やかに彩る。今年、開館35周年を迎えた同ホールが、節目の年の瀬をクラシック音楽のファンとともに壮大に盛り上げる。

 「カウントダウンコンサート2017-2018」は12月31日の午後10時開演。S席8640円、A席6480円(いずれも税込み)。「ニューイヤーコンサート2018」は来年1月1日の午後3時開演。S席8640円、A席6480円(いずれも税込み)。問い合わせはザ・シンフォニーチケットセンター((電)06・6453・2333 http://www.symphonyhall.jp/ticket-info/tel.php )。

「産経WEST」のランキング