産経WEST

【大津中2いじめ自殺訴訟】衝立の中での「遊びだった」「覚えてない」証言…元同級生らへの尋問全て終了、5年にわたる訴訟、結論へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大津中2いじめ自殺訴訟】
衝立の中での「遊びだった」「覚えてない」証言…元同級生らへの尋問全て終了、5年にわたる訴訟、結論へ

 平成23年に大津市立中学校の男子生徒=当時(13)=が自殺したのは「いじめが原因」として、遺族が元同級生らに損害賠償を求めた訴訟で、9月から4回に分けて遺族や元同級生計12人に対して行われた尋問が14日、終了した。来年5月8日に結審の見込みとなり、5年以上にわたった大津地裁での訴訟に結論が出る。

 尋問で注目されたのは、公開の法廷で話すのが初めての元同級生3人。姿が見えないように設けられたついたての中で、3人とそれぞれの保護者、当時の担任への尋問が行われた。

 元同級生らはこれまで暴行の事実などは認めているが、いずれも「いじめの認識はなかった」としてきた。尋問でも同級生らは男子生徒に馬乗りになったり、体を押さえて蜂の死骸を口の上に乗せたりなどの行為は認めたが、いずれも「遊びだった」「身体的、精神的に傷つけた認識はない」などと主張した。

 また、遺族側が、市の設置した第三者調査委員会の調査報告書や当時の県警への供述調書を基に事実確認を求めても「覚えていない」などという返答も目立った。

続きを読む

「産経WEST」のランキング