産経WEST

大阪大で8万人の個人情報漏洩の恐れ 教員ID使い海外から不正アクセス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪大で8万人の個人情報漏洩の恐れ 教員ID使い海外から不正アクセス

 大阪大学は13日、学内システムに海外から不正アクセスがあり、学内外の関係者の氏名など、のべ約8万人分の個人情報が漏洩した可能性があると発表した。このうち教職員や学生ら6万9549人分の情報については、外部からダウンロードされた形跡があり、阪大は漏洩したものと断定した。現時点で二次被害は確認されていない。

 阪大によると、漏洩したのは、教職員や学生の氏名やメールアドレスなど。今年5~7月、教員のIDとパスワードが不正利用され、授業などで使用するシステムに複数回の不正ログインがあった。さらにシステム内部に不正プログラムが仕掛けられ、教職員や学生らの個人情報がダウンロードされていた。教員のIDなどが不正利用された経緯は不明という。

 また、別のネットワークにも不正ログインがあり、教職員59人のメールが閲覧されていた可能性が判明。この中に、イベントに参加した学内外関係者の氏名や電話番号、寄付者名簿など、のべ約1万1千人分の個人情報が含まれていた。

 西尾章治郎総長は「関係者のみなさまに深くおわびし、セキュリティーの強化に努める」とのコメントを出した。

「産経WEST」のランキング