産経WEST

「僧侶DJ」現る 京都・西本願寺のイベント

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「僧侶DJ」現る 京都・西本願寺のイベント

DJとしてレゲエの曲をミックスする村上住職=京都市下京区 DJとしてレゲエの曲をミックスする村上住職=京都市下京区

 京都市下京区の西本願寺で9日、僧侶と交流を楽しむイベント「ごえんさんエキスポ」が開かれた。寺で音楽イベントを主催する“僧侶DJ”が登場するなど、境内は家族連れらでにぎわった。10日も行われる。

死を語る「デスカフェ」、悩みを相談する「グチコレ」も

 第25代、専如門主の「伝灯奉告法要」の協賛行事として、多くの人に寺院に親しんでもらおうと西本願寺が初めて企画した。

 会場には悩みを相談する「グチコレ」や死について語る「デスカフェ」など計37ブースを出展。ワイヤレスヘッドホンを使い、参加者全員で音楽を共有する「サイレントフェス」のブースでは、村上元(げん)住職(45)=妙壽(みょうじゅ)寺(島根県津和野町)=がDJを務め、レゲエ中心の曲をミックスした。

 村上住職は20歳のときにDJとなり、その後僧籍を取得。平成22年から妙壽寺で浄土真宗本願寺派の宗祖・親鸞(しんらん)聖人の誕生日にDJの活動を行っている。

 下京区の事務員の女性(26)は「お坊さんの格好なのにDJをしていたので物珍しくて興味深かった」と話した。

「産経WEST」のランキング