産経WEST

【関西経営者列伝】ユニークに“お困りごと”解決 小林製薬・小林章浩社長(1)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西経営者列伝】
ユニークに“お困りごと”解決 小林製薬・小林章浩社長(1)

「“あったらいいな”をカタチにする」を掲げる小林製薬の小林章浩社長=大阪市中央区の同社本社(前川純一郎撮影) 「“あったらいいな”をカタチにする」を掲げる小林製薬の小林章浩社長=大阪市中央区の同社本社(前川純一郎撮影)

 トイレ用芳香洗浄剤の「ブルーレット」、額に貼る冷却剤の「熱さまシート」、息をリフレッシュさせる「ブレスケア」…。生活の中の“お困りごと”を解決するユニークな商品開発で成長を続けている小林製薬(本社・大阪市中央区)は今年、決算年度として100期目を迎えた。創業家に生まれた6代社長の小林章浩氏(46)は、老舗企業が築いてきたブランドを守りながら、世界を見据え、新しい価値観の創造に取り組んでいる。(安田奈緒美)

 われわれは、お客さまに「こんなものが欲しかった」と思ってもらえるような、他社が扱わない“ニッチ”(隙間)を狙った新しい製品を作り続けてきました。ここ数年はインバウンド(訪日外国人観光客)需要もあり、前期まで19期連続の増益を果たしました。

 「インバウンド」という言葉を意識したのは2年ほど前でしょうか。会議で、液体絆創膏(ばんそうこう)の「サカムケア」が前年の数倍売れているという報告があった。誰も急に伸びると思っていなかったので驚くと「インバウンドの影響らしい」と。「インバウンドって何や」となったんです。

続きを読む

このニュースの写真

  • ユニークに“お困りごと”解決 小林製薬・小林章浩社長(1)
  • ユニークに“お困りごと”解決 小林製薬・小林章浩社長(1)

「産経WEST」のランキング