産経WEST

【衝撃事件の核心】20分にわたって妻に暴行、死亡させた夫 猶予付き判決の理由は…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
20分にわたって妻に暴行、死亡させた夫 猶予付き判決の理由は…

 検察官「会話の内容は」

 被告「はっきり覚えていません。(不倫)いつからしてたん?と聞きました」

 被告は妻の不倫を今年3月の別居後だと思っていた。だが、予想と異なり、妻は別居前の「昨年12月ごろ」と答えた。

 被告はこれに激高。妻の頭を平手で4、5発、たたいたほか、足の裏で頭などを数回蹴り、胸ぐらをつかんで妻を投げ倒した。妻は無抵抗のまま暴力に耐えていたが、投げ倒されると、目を見開いたまま呼吸が不自然になったという。

 暴行は午後11時30分ごろから約20分間続き、妻は翌23日朝、搬送先の病院で急性硬膜下血腫などによる脳ヘルニアにより死亡した。

 検察側によると、事件当時の妻は身長150センチ、体重33キロだった一方、被告は身長177センチ、体重63キロ。かなりの体格差があった。検察側は論告で「2人の体格や力の差は明らか。妻の頭や顔、手足には多くの皮下出血があった。執拗(しつよう)な暴行を一方的に加えた」と指摘。不倫だとしても「これだけの暴行を受ける必要はなく、犯行は身勝手で悪質だ」と非難した。

なぜ執行猶予が付けられたか

 公判には妻の姉が被害者参加。「元気でかわいい妹を返してください。不倫していたからといって命まで奪っていいのか」と泣きながら訴えた。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング