産経WEST

院長が所得隠し1億円 名古屋国税局指摘 手術代の一部を帳簿に記載せず「不申告所得は研究に使った」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


院長が所得隠し1億円 名古屋国税局指摘 手術代の一部を帳簿に記載せず「不申告所得は研究に使った」

 名古屋市中村区で形成外科・泌尿器科「名古屋メイルクリニック」を経営する男性院長(61)が名古屋国税局から、平成27年までの5年間に約1億円の所得隠しを指摘されていたことが8日、分かった。重加算税を含む追徴税額は約5千万円で、既に修正申告して納付したという。

 関係者によると、クリニックは保険適用外の自由診療で手術代の一部を帳簿に記載せず、所得を少なく見せかけていた。

 院長は取材に「経理は事務職員に任せていたが自分に責任がある。申告しなかった所得は研究に使っていた」と話した。年間の売上高は東京都新宿区の医院と合わせて約1億5千万円という。

「産経WEST」のランキング